SSブログ
悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界 ブログトップ

初の英国の最新鋭空母クイーンエリザ・エリザベスがアメリカ海軍横須賀基地!理由! [悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界]

04Sep2021-1.jpg写真はアメリカ海軍横須賀基地に停泊するアメリカの原子力空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan, CVN-76) を私が撮影してものですが、4日に英国の最新鋭空母クイーンエリザ・エリザベスが寄港し9日まで停泊するそうです。


この空母の乗組員は、日本国内で感染拡大する中共ウイルスの変異株の感染を予防する為か、上陸しないそうです。


寄港の目的は、英国のインド太平洋傾斜戦略の重要なミッションの一部とされ、アジアの同盟諸国と安全保障面での関係を強化し、この地域でのあらゆる侵略行為に対する防衛力を強化することを目的としています。


この背景には、先月末のアブガニスタンでのカブール陥落に見る、アメリカの軍事的影響力が落ちつっあり、国際的に連携しないと、軍拡を強烈に進めるチャイナの人民解放軍に立ち向かえなくなっている可能性を示唆しています。


アメリカ軍のアブガニスタンでのカブール陥落は、ベトナム戦争時代のサイゴン陥落と似ていて、世界1の軍事大国がアジアの小国ベトナムに負けてしまったのと酷似しており、何が起こるか分からないのが実情です。


アブガニスタンでのタリバンが予想外の速さで首都のカブールまで占領出来た背景には、ガニ政権が汚職等で腐敗し、アメリカの言いなりで、国民の事を省みなかった様です。


これは我が国でも似た様な状況ですから、遠い国の出来事と考えるべきではありません。


アブガニスタンからアメリカが撤退する理由は、これまでの中東の石油利権から、世界の工場と化したチャイナから富の独占をさせず、チャイナ包囲網を作りこれを封じ込めようとする意図がありそうです。


また、これまでの石油利権確保から、レアアースをめぐる資源獲得競争に向かいつっある様に感じます。


その背景には、これまで国際金融資本家は、石油が枯渇するなど嘘をマスコミに宣伝させ、原油価格を吊上げてきましたが、この嘘がネット等の普及でバレて枯渇しない事が分かってしまったからです。


一方ではレアアースは、枯渇する危険があり、この多くを産出しているのはチャイナで寡占化が進んでいるからです。


更に、技術が進歩すればする程、レアアースが確保出来るかが戦略的に鍵になる事です。


先日、当ブログで書きましたが、日本が韓国のホワイト国待遇を解除し、輸出管理を強化した結果、サムソンの半導体が生産できなくなると言う状況に追い込まれました。


これを見ても分かる通り、レアアースを支配するものが覇権を持つ事に繋がりますので、この辺の動きを観察する必要がありあそうです。



nice!(13) 

戦争が起る直前の商品市況!歴史的な戦争の兆候を示す戦略物資の価格が異常に高騰! [悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界]

12Jul2021-1.jpg最近の商品価格の動向を見ていますと、歴史的な戦争の兆候を示す戦略物資の価格が異常に高騰している事が分かります(写真大瀬康介撮影)。


12Jul2021-2.jpgご覧のチャートはガソリン先物価格の推移を日足ベースで描いたものですが、ガソリン価格が急騰している事が分かります。


先日、車のガソリンを入れにセルフのスタンドへ行き、1万円札を入れて給油すると一万円札分の給油が終わり止まってしまいました。


新車を買って1年数カ月間この様な事は無く、千円以上のお釣りが出たのですが、この様な事は初めてで、価格を見ると、1リットル当たり163円でした。


12Jul2021-3.jpgご覧のチャートは鉄鉱石の取引価格の推移を変化が分かり易い様に月足で折れ線グラフで描いたものですが、今年に入り鉄鉱石の価格が急騰している事が分かります。


12Jul2021-4.jpgご覧のチャートは銅の取引価格の推移を週足で描いたものですが、作年頃から銅の価格も急騰している事が分かります。


銅は、砲弾や機関銃の薬莢を作る為に銅と錫の合金の真鍮を作る為に必要なものです。


この他に、鉄鋼、錫や半導体、穀物、食用油等の価格の上昇が見られ、世界の動きが変化している事が分かります。


最近の半導体不足は、ミサイルの制御装置に半導体が大量に使われますので、チャイナが大量に買い込んでいる可能性が疑われます。


ここで取り上げたものは、所謂戦略物資で、過去の大戦の歴史を振り返ると、開戦前には、こうした戦略物資の価格高騰する傾向があるのです。


現在のこうした戦略物資の価格の高騰は、チャイナが戦略物資を買い漁っているのが原因の様です。


現在チャイナは、全世界から戦略物資以外にも、トウモロコシ、食肉なども大量に輸入し、全体的な輸入量が激増しています。


更に、貨物船やコンテナ船を買い占める動きがあり、全世界で物流が停滞する事はほぼ確実と見られ、こうした現象は戦争の兆候と考えるのが妥当かも知れません。


仮に戦争が起これば、世界から孤立するのはチャイナですから、そうなる前に資源や食料を世界中から買い集め、戦争に備えている事が伺われます。


つまり、戦時中と同じ情況になっていると大手商社マン等は警戒しています。


そう遠く無い内に戦争が勃発する可能性がありそうですので、ご注意下さい。


仮に、台湾辺りで戦争が起きれば当然我が国も他人ごとではなくなり、チャイナが台湾を攻撃した場合、戦略的に重要な拠点となる、尖閣諸島や石垣島も巻き込まれる可能性があります。


その理由は、台湾の地形は、日本の富士山よりも高い新高山が東西に分けており、台湾の軍事基地は東側にある為に、陸路は使えず海からの攻撃になる為に、台湾の南と北側のルートを通る戦略が予想されるからです。


これは、重要な問題ですので、続報が入り次第お知らせします。

nice!(18) 

アメリカが頼る日本の軍事力!チャイナ空母遼寧は大きいだけの張り子のトラ! [悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界]

10May2021-1.jpgご覧の写真はアメリカ海軍のミサイル駆逐艦、アーレイバーク級駆逐艦の甲板から撮影され、米海軍が先に公開した写真で、4月4日にフィリピン海の遼寧を近距離から監視していたことを示しています。


その奥の赤い丸で囲まれ、チャイナ海軍の遼寧の先を航行しているのは、我が国の海上自衛隊の護衛艦「いなづま」と見られる船影が確認できます。


つまり、チャイナ海軍の誇る大型空母「遼寧」アメリカと日本の軍艦に挟まれて航行している事が分かりますし、日米が連携すれば、簡単に沈められる事を意味する写真です。


そもそも空母は、アメリカの場合約4000人もの兵士や乗員が乗船していますので、1隻でも失うと軍事バランスが崩れてしまう程の大打撃を受けますので、それを護衛する船舶や潜水艦、戦闘機が周囲を警戒していますので先ず近づく事すら出来ません。


これが、遼寧は日米の艦船に挟まれて航行していますので、これを守れる体制が出来ていない事を意味し、裏を返すと見せかけだけの空母に過ぎない事を意味しています。


本当の戦争になれば、チャイナの空母は時間の問題で全て沈められ、制空権は簡単に取れられてしまう事を意味します。


しかし、恐いのは陸上にある無数のミサイルが一気に発射された場合、日本のアメリカの艦船はデーターリンクされ、効率的にミサイルを迎撃する様にしていまが、迎撃出来る数を超える危険性があります。


また、先日のチャイナ製の大型ロケットが操縦不能に陥り、インド洋沖に落下した背景には、チャイナの制御技術や半導体などの技術がそれ程進んでいない事を自ら証明した結果になりました。


更に、操縦不能に陥ったロケットを追跡する事も出来ていませんから、仮にチャイナがミサイル攻撃を受けた場合、そのミサイルを追跡する事も出来ない事を意味しています。


当然、ミサイルを追跡する事も出来ない訳ですから、これを迎撃する事も出来ない事を意味しています。


もしも米中戦争になれば、勝敗は歴然とする筈です。


今やジェノサイドを行うチャイナは、全世界の敵となり、仮にチャイナが戦争を起こせば、第三次世界になり世界中から総攻撃される事は自明の理です。

nice!(5) 

東京上空を何故米軍ヘリが低空飛行したか?米中戦争で東京が攻撃される事を予想! [悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界]

11Apr2021-1.jpgご覧のヘリコプターはアメリカ海海軍SH-60Fシーホークヘリコプターが、高度約200メートルでタイのバンコク周辺の浸水地域の航空測量を実施し、タイ軍を支援するために米軍がどのような支援を提供できるかを決定する為の飛行をタイ政府が撮影したものです。


この高度は、昨年12月頃に突然2基のSH-60Fシーホークヘリコプターが私の家の上空を飛んで行くのが見えましたが、その高度は約200メートルで、東京スカイツリーを回って荒川沿いに東京湾方面に行くのが見えました。


つまり、タイでの飛行高度と墨田区上空を飛行した高度が同じ事から、航空測量を実施した事が伺われます。


この事は米軍が、東京が攻撃される事を想定に航空測量を実施した可能性があります。


戦争が勃発すると最も先に攻撃対象になるのが世界最高の電波塔東京スカイツリーである事は言うまでもありませんが、過去戦争史からこの電波塔を破壊しては、戦後の情報統制に不都合になりますから壊さないと思われます。


つまり、市街戦になればこの電波塔を目指して侵攻が始まりますので、事前に万一の戦闘に備えて拠点を構築の為の作戦計画を立てようとしている可能性があります。


最近では、チャイナの空母が沖縄抜けて日本海に出たと言う事が報じられていますが、実は、日本の近海にはには、世界の原子力潜水艦が集まっているとの情報もあります。


これ程緊張が高まっているのに国会では、尖閣諸島防衛に関する提言をめぐっては、作成過程で自民党内の媚中派との温度差や媚中公明党との関係等から、海上保安庁法改正などの法整備を含む強い措置を求める国防部会とこれに反対する国土交通部会が対立しました。


結局、取りまとめの調整は難航し、「必要があれば法整備も検討する」との玉虫色の表現に落ち着いたそうですが、もはや自民党に我が国の将来を託す事は無理処から危険です。


こうした状況ですから、アメリカは日本が本当に役に立つのか疑問を持ち始めているかも知れません。


今回の東京上空を米軍のヘリが飛行した事を何故か毎日新聞だけが問題視して報道していますが、この新聞社も媚中派で。ここで公明新聞や創価学会の聖教新聞を印刷する事で何とかしのいでいるだけの新聞社と言わざる得ません。


実は、米軍が我が国の安全保障の為に、一生懸命動いて下さっているのに、まるで遊覧飛行かの報道は、こうした飛行をさせない為に住民を動員しようとしているのかも知れません。


過去に私も米軍基地に何度も入った経験がありますが、アメリカ軍の軍法も銃殺を伴う非常に厳しいもので、しかも国民の税金で買われた、大変高価な軍用機で遊覧飛行など出来る状況ではありません。


アメリカ軍は、我が国がチャイナから攻撃やしんこ7ご覧のヘリコプターはアメリカ海海軍SH-60Fシーホークヘリコプターが、高度約200メートルでタイのバンコク周辺の浸水地域の航空測量を実施し、タイ軍を支援するために米軍がどのような支援を提供できるかを決定する為の飛行をタイ政府が撮影したものです。


この高度は、昨年12月頃に突然2基のSH-60Fシーホークヘリコプターが私の家の上空を飛んで行くのが見えましたが、その高度は約200メートルで、東京スカイツリーを回って荒川沿いに東京湾方面に行くのが見えました。


つまり、タイでの飛行高度と墨田区上空を飛行した高度が同じ事から、航空測量を実施した事が伺われます。


この事は米軍が、東京が攻撃される事を想定に航空測量を実施した可能性があります。


戦争が勃発すると最も先に攻撃対象になるのが世界最高の電波塔東京スカイツリーである事は言うまでもありませんが、過去戦争史からこの電波塔を破壊しては、戦後の情報統制に不都合になりますから壊さないと思われます。


つまり、市街戦になればこの電波塔を目指して侵攻が始まりますので、事前に万一の戦闘に備えて拠点を構築の為の作戦計画を立てようとしている可能性があります。


最近では、チャイナの空母が沖縄抜けて日本海に出たと言う事が報じられていますが、実は、日本の近海にはには、世界の原子力潜水艦が集まっているとの情報もあります。


これ程緊張が高まっているのに国会では、尖閣諸島防衛に関する提言をめぐっては、作成過程で自民党内の媚中派との温度差や媚中公明党との関係等から、海上保安庁法改正などの法整備を含む強い措置を求める国防部会とこれに反対する国土交通部会が対立しました。


結局、取りまとめの調整は難航し、「必要があれば法整備も検討する」との玉虫色の表現に落ち着いたそうですが、もはや自民党に我が国の将来を託す事は無理処から危険です。


こうした状況ですから、アメリカは日本が本当に役に立つのか疑問を持ち始めているかも知れません。


今回の東京上空を米軍のヘリが飛行した事を何故か毎日新聞だけが問題視して報道していますが、この新聞社も媚中派で。ここで公明新聞や創価学会の聖教新聞を印刷する事で何とかしのいでいるだけの新聞社と言わざる得ません。


実は、米軍が我が国の安全保障の為に、一生懸命動いて下さっているのに、まるで遊覧飛行かの報道は、こうした飛行をさせない為に住民を動員しようとしているのかも知れません。


過去に私も米軍基地に何度も入った経験がありますが、アメリカ軍の軍法も銃殺を伴う非常に厳しいもので、しかも国民の税金で買われた、大変高価な軍用機で遊覧飛行など出来る状況ではありません。


アメリカ軍は、我が国がチャイナから攻撃や侵攻を受けた場合も想定してミッションを組んでいる事を知るべきではないでしょうか。


これを毎日新聞は、米軍のヘリのミッションを環境問題にすり替え、媚中派としてチャイナに媚び、我が国を売り渡そうとしているのかも知れません。


我が国を弱体化させ、国民を騙し貧しくさせて来たのはこうしたマスコミのプロパガンダで少しづっ奪われて来た事に気付いて頂ければと願います。


東京が二度と戦禍に見舞われる事が無い様にするには、こうしたチャイナ共産党の諜報機関と化したマスメデイァを信用しない、許さない事が大切です。

nice!(7) 
悪の中華帝国を許さないアメリカの動き!第三次世界 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。